神戸公証センターの業務

神戸公証センターの業務

 
1、公正証書の作成  
  1. 遺言(相続、遺贈、先祖祀り、お墓のことなど) 
  2. 尊厳死宣言(リビング・ウィル、Living Will) 
  3. 離婚(養育費、子との面接、財産分与、慰謝料、年金分割など) 
  4. 任意後見契約、委任契約(財産管理、身の回りの事務処理、見守り、死後の事務処理など)
  5. 不動産の賃貸借契約(借地、借家、事務用借地、定期借地、定期借家、ビル、店舗、住宅などの賃貸借契約) 
  6. 金銭貸借、債務承認支払い、売買、贈与、死因贈与、担保設定、その他各種契約 
  7. 事実実験(貸金庫の開披、知的所有権など) 
  8. 規約設定(マンションなど
2、私文書(外国語の文書を含む)の認証、宣誓認証、定款認証
  1. 文書等が作成名義人の意思に基づいて作成されたものであることを証明します。
    (注1)文書の内容が真実であることを証明するものではありません。
    (注2)また,他人が作成した文書について作成者の委任なしに認証することはできません。
  2. 宣誓認証は,作成名義人が文書の内容が真実であることを宣誓したことも証明します。
  3. 定款認証は,会社・一般社団法人・一般財団法人等の設立に際して,定款が発起人・設立時社員・設立者等によって作成されたことを認証します。
    定款認証は紙に印刷した定款に発起人等が署名又は記名押印したものを認証するものと定款の文書データのPDFファイルに定款作成者が電子署名したものを電子認証するものの2通りがあります。
    日本公証人連合会のホームページに定款の記載例があります。
    会社定款記載例
    一般社団法人定款記載例
    一般財団法人定款記載例
3、確定日付の付与
  文書が確定日付の日に存在したことを証明します。
  後日作成した文書の日付を遡らせたのではないかとの争いを防止することができます。
    ☆日本公証人連合会へリンク→「公証事務~Q&A~」を参照



 出張について。

 病気などのため,神戸公証センターまで来られない場合,遺言等のように法律で認められた場合や事案の性質上代理人によることが相当でない場合, 兵庫県内に限り,公証人がご自宅,病院,施設などに出張して公正証書の作成や私書証書の認証などをすることが出来ます 。その詳細は,当公証センターにお尋ね下さい。

 どんな書類が必要か

 ・公正証書の作成や私書証書の認証など,ご依頼の内容を問わず,依頼する人の身分を証明する書類が必要です。その場合,依頼する人が個人か,会社などの法人か,また,出頭されるのは,本人あるいは代表者か,代理人か,などによって異なりますので,どの場合かを明確にした上で当公証センターにお尋ねください
 
 ・また,ご依頼の内容に応じてさらに書類が必要となることもあります。
例えば,遺言であれば,遺言者と財産を相続させたい相続人との続柄(身分関係)が分かる戸籍謄本,相続人でない人に遺贈したいときにはその人の住民票のほか,不動産の登記簿謄本,固定資産評価証明書,金融資産の内容の資料,メモなどを用意していただくのが普通です。ただ,これらの点も,遺言などの公正証書の記載の仕方によっても,必要な資料が異なりますので,遺言などの内容を明確にして,当公証センターにお尋ねください。

☆公正証書作成の必要書類

☆日本公証人連合会のホームページ
  「公正証書作成のため準備する資料など」