遺言公正証書作成の手引

遺言公正証書作成の手引

  1. 手続の流れ
    遺言公正証書は,原則として,証人2名の立会の下で,遺言者ご本人の口述を公証人が聞き取って作成しなければならないことが法律で定められています。作成に至るまでの通常の流れは,おおむね次のとおりです。 作成に先立って,その準備として,公証人がご本人から遺言される内容等をお聞きしたり,作成に必要な書類を説明したりするため,ご本人に当センターまで相談に来ていただく必要があります。ただし,ご本人が高齢,病気等のために当センターに来られない場合は,代わりの方が来ていただいても構いません。いずれも困難という方は,電話等で公証人にご相談ください。 ご本人又は代わりの方からお聞きした内容や用意していただいた書類(後記2参照)等に基づいて,公証人が遺言公正証書の案を作成し,ご自宅に送付するなどして,ご本人に内容を確認していただきます。 その後に,当センター又はご自宅等において,遺言公正証書を正式に作成することになります。 
  2. 必要な書類等
    遺言公正証書を作成するために通常必要となる書類等は次のとおりです。
    1. 遺言者の運転免許証等(公的機関発行の写真付証明書)又は遺言者の印鑑登録証明書(発行後3か月以内のもの)・・・これは本人確認資料です。
    2.  財産を相続する人との続柄等がわかる戸籍謄本
    3. 財産を相続人以外の人に遺贈する場合には,その人の住民票
    4.  相続させ又は遺贈する財産が
      1. 不動産の場合には,土地 ・建物の登記簿謄本(全部事項証明書)及び固定資産税納付通知書(又は固定資産評価証明書)
      2.  不動産以外の財産の場合には,その内容及び額等のわかる資料等
      ※本人確認資料以外の書類は,遺言内容等により不要な場合もありますし,上記以外の書類が必要となる場合もありますので,担当公証人にご確認ください。
      ※本人確認のための書類をお持ちでない場合は,担当公証人に相談してください。
      ※必要書類については,最初のご相談の際にすべて用意していただく必要はありません。その際に担当公証人から説明します。
  1. 証人
    証人2人の立会が必要です。ただし,次の人は証人になれません。 未成年者,推定相続人,受遺者,推定相続人・受遺者の配偶者及び直系血族。 ※証人をご本人側で依頼される場合は,その人の住所・氏名・生年月日・職業をお知らせください。 ※証人は,ご依頼があれば,担当公証人が手配します(謝礼が必要になります。)。
  2. 遺言執行者
    遺言執行者は,遺言内容を実現するために必要な一切の手続等を単独で行う権限がありますので,遺言で決めておくと便利です。 遺言執行者には,相続人や又は受遺者を指定することもできます。 ※遺言執行者を指定される場合は,その人の住所・氏名・生年月日・職業をお知らせください。
  3. 印鑑
    遺言公正証書の作成当日には,遺言者の印鑑(本人確認資料が印鑑登録証明書である場合は実印が必要です。),証人 2名の印鑑が必要(いずれも朱肉によるもの)です。
  4. 手数料
    遺言公正証書の作成手数料は,公証人手数料令に定められており,財産額等により決まります(別紙を参照願います。)。 ※手数料については,ご相談の際に担当公証人から説明します。
  5. 出張
    遺言者ご本人が,病気等で公証役場に来られないときは, 公証人が病院やご自宅等に出張して遺言公正証書を作成します。
  6. その他
      わからないことがありましたら,ご遠慮なく,神戸公証センターにお尋ねください。