神戸公証センター
 
       電子定款認証
 
    電子定款認証

電子定款認証の申請手順

  1. 法務省の登記・供託オンライン申請システムを利用するための事前準備を行う。
    • ア 法務省ホームページ右側にあるメインメニューから[オンライン申請]をクリックする。
    • イ <登記・供託オンライン申請システム>のページにある[初めてご利用になる方へ]をクリックする。
    • ウ [初めてご利用になる方へ]の項を読んだ上で以下の事前に行うべき準備作業をする。
      @)ユーザ登録(<登記・供託オンライン申請システム>のページにある「申請者情報登録」をクリックし、手順に従って操作)
      A)「申請用総合ソフト」のインストール(<登記・供託オンライン申請システム>のページにある「申請用総合ソフト」をクリックし、「ソフトウエア・操作手引書のダウンロード」のページにある「申請用総合ソフト」の「ダウンロード」ボタンを押す。以下手順に従って操作)
      B)「操作手引書」のダウンロード(<登記・供託オンライン申請システム>のページにある「申請用総合ソフト」をクリックし、「ソフトウエア・操作手引書のダウンロード」のページの「電子公証」のところにある「申請者操作手引書(電子公証申請 申請用総合ソフト編)」の「ダウンロード」ボタンを押す。以下手順に従って操作)
      C)PDF署名プラグインのダウンロード(<登記・供託オンライン申請システム>のページにある「申請用総合ソフト」をクリックし、「ソフトウエア・操作手引書のダウンロード」の「PDF署名プラグインのダウンロード」のところにある「PDF署名プラグイン」の「ダウンロード」ボタンを押す。以下手順に従って操作)。
  2. 定款を電子ファイル(電磁的記録)で作成。
    電磁的記録の認証のファイルの種類は電子署名付きPDFファイルです。 定款ファイルの大きさは10メガバイト以下です(省令9条2項による告示)。
  3. 認証の申請をする前に,事前に公証人宛に定款をFAX等で送信し,定款の内容や認証日時について打ち合わせをする。
  4. 公証人に確認したPDFファイルの定款に嘱託人が電子署名し,オンライン申請をする。インターネットで法務省の登記・供託オンライン申請システムを利用し公証センターを通して電子定款の認証嘱託を指定公証人を選んで行います。
  5. 嘱託がきちんとなされると,登記・供託オンライン申請システムは,嘱託された文書を,とりあえず保管しておき,嘱託人には,この番号で受け付けましたよ,と返信します。
  6. 公証センターに設置された登記・供託オンライン申請システムに接続している電子公証システムが,嘱託された案件を受信します。
  7. 認証済みデータを保存する媒体(CD−R又はUSBメモリ)を用意して公証センターにお越し下さい。



     ☆日本公証人連合会のホームページ「電子公証」へリンク